看護の日・週間

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、5月12日をナイチンゲールの誕生日にちなみ「看護の日」、12日を含む週を「看護週間」に制定しました。

当院では看護師の仕事を身近に感じていただくために、血圧・血糖測定・アロママッサージを行いました。患者さんや面会に来られた方に寄っていただきました。


 

 

2019年05月18日